婦?女子、カップル、家族連れ。からの~湯治客(俺ら)

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは お袋や親父の湯治に付き合っていたと
思ったら いつのまにか黒子のバスケに囲まれていた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが…

あ、はい。すんません。むしろ場違いなのは俺らです。(白目)
※東京お台場「大江戸温泉物語」に湯治に出かけるお袋の付添いの俺with親父

マジ焦るわ!あんなの!10代の女性男性グループが何であんないるんだよ!学生と学生と学生だらけだよ!あとカップル。そしておっさんはほぼファミリーwithお子様

都内温泉めぐりと大江戸温泉に行ってみたかったと言うお袋の要望に任せて、付いて行った俺と親父ですが、黒くのバスケコラボの期間中&イベント日か何かにブッキングしたせいでアナザーワールドが展開される羽目になるとは。
結果的には自分からは飛び込まない世界を味わえたような気がするのでかなり楽しかったですけどね。この辺はお袋の世間知らず怖いもの知らずのミーハー感性に脱帽です。たまにクリティカルなメンタルダメージ挿んでくるけど!
若さ溢れてる空間にいるとなんか若返った気がするし。お風呂の効果とは別に、親父とお袋もなんか若いエネルギーにほっこりしてたし。
ただその延長で俺に早く結婚しろ砲をぶっ放すのは堪忍しておくんなせぇ。思わぬ二次被害が!

▼かんこれ
菱餅集めに全く参加していない俺大勝利か?ってくらいの周囲のイベント大不評ぷりに笑った。こんなくそつまんねーイベント二度とやるな的な。もっともたまたま私の周りで不評(というか確率運が悪い人たち)が集中してるだけかもしれんが。とにかく今回俺はスルーしていてよかったと心底思った。
そんな私の今日の艦隊これくしょんは演習とふと30隻ほど大破するまで出撃してみました。いや図鑑の登録のためなんですが。演習ばっかりのにわか提督の俺はあまり大破絵が登録されていないのに気が付いたんです。はい。それだけ。
ただそれだけの理由でしたが、レベリングにはなったので良しとしよう。

カテゴリー: 日常 パーマリンク