シャリーのアトリエ(PS3)

とりあえず俺は、初ラストバトルをシャルロッテの必殺技で止めを刺してしまったことを激しく頭抱えております。

みんな・・・最後はちゃんとした曲でとどめさそうぜ!俺からの忠告と約束な!

そしてトロフィー100%じゃーー!
一周目でほぼめんどうな装備品調合は終わらせておいたので二周目もさくっと終了させてコンプです。昔みたく三周も四周もしないで済むようになったのはありがたいことです。
黄昏シリーズはどれも、だいぶ楽にトロフィー100%取れます。

ゲームとしての総括としては、
シャリステラとシャルロッテがあまり主人公としての魅力が低い(プチ空気)今作でしたが、アトリエのシステムとしては期限ノルマも無くなり良く言えば遊びやすく、悪く言えば緊張感が無くなりそのため黄昏というテーマがぼやけたという気もする。

しかし、イベントを起こす条件など遊びやすくなったのは黄昏三部作以降顕著なので遊ぶという密度的な楽しさをよしとするならこれは間違いなくアトリエシリーズのひとつの発展系ですね。

音楽は総じて良いです。サントラ買いました。
ガストは音楽に力入れてるのが良いよね。ちょっと似た系統の曲が複数の別のソフトにまたがって目に付く気もするが。俺が好きなのでOKです!

という感じで、そのうちVITAでPlus版が出ると思いますが買うか悩んでる人は買ってしまえばよいと思います。
Plus版だとDLCが毎回全のせというメリットはあるんですが、携帯機で遊ぶよりもやっぱりゲームは据え置きで遊ぶのがお勧めです。
VitaTVに対応してるならそれでも良いのかな?画質は悪くなるかもしれないけど。音はどうなんだろう。携帯機のほうがやっぱビットレート低かったり圧縮高いのだろうか?
最近特に強く感じますが、携帯機で遊ぶのってなんかゲームの魅力が半減してる気がします。画面の狭苦しさが精神の広がりにでも影響してるんでしょうか。

最後にお気に入りキャラについてでも

・ローゼミア
ローゼミアさんが俺の好みにストライクであります!あのロケット乳が!声が!やんわりと罵られたい。!(※サイト主は変態ではありません)
今作のパイオツカイデーの称号は貴女です。

・ミルカ
ミルカは可愛いですね。その可愛さはやばいでなくやヴぁいらしいですよ。主人公の魅力不足をカバーしておりました。
ぶっちゃけ、俺が一周目をシャルロッテにしたのもミルカに惹かれてだ!

・ホムラ
ホムラことホムホムは愛くるしさMAX可愛い。モフモフ愛にはたまりません。さらにはただ可愛いだけではないキャラで、心に届いてくる真理に最も近いんじゃないかと思わせるあの台詞の数々は最高です。全俺が泣いた。

・エスカ
なぞの生命体、生きている尻尾をもつ前作主人公ヒロイン。可愛い雰囲気とは裏腹に胸元のエロさと隠れた大きさがブタどもにクリーンヒット。そのブタとは俺であります。ぶひぶひ!

・キースグリフ
Mrツンデレ中年。ぶっきらぼうかつ一見静かで厳しい顔つきだが意外と優しく面倒見も好い。解説好きで「俺の仮説」を展開するナイスおじ様。真理の探求ついでに気に入らない遺跡はさらっと爆破とかしようとしたり破天荒さも人気の秘密か。

・アーシャ
でも本当にすごいのはこの中年をデレさせたアーシャ。妹を救うために前時代遺跡のラスボスを張り倒して中央に追われるポスト犯罪者。
アーシャって実はかなりすごい主人公なのでは?

カテゴリー: PS3(プレイステーション3), ゲームレビュー パーマリンク