【ベースボール】FC

 ファミコン最初の野球ゲーム。ていうか、ファミコンで発売された、最初のソフトたちのひとつでもあります。バント状態でヒットやホームランにサクッとなるので、ピッチャーの投げる球に対してタイミングよくバットを振って打つという、根本的な部分に挫折しているゲームでした。後に発売されるファミスタシリーズでもこの問題は多少ありましたけどね。
  このソフトは凄いです。何が凄いってゲームの内容でなく我が家のこのソフト自体が凄いのです。三回外で紛失して三回とも帰ってきました。なんで三回も外で紛失したのかって質問はナシです。ぶっちゃけ覚えてません。
  でも、本当に凄いのはここからです。このゲームに飽きてしまった私は、このソフトを事あるごとに捨てました。一体私は何回捨てたでしょうか?片手の指では収まりません。そして、全て自宅へと帰って来たのです。帰巣本能でも有るんでしょうか?このソフトは。何か得たいの知れない力が備わっている一本でした。
  その後、捨てることを諦めた私は、友人に引き渡すという手段に討って出たのですが、これも戻ってきました。そして、今現在も我が家の押入れに眠っております。すなわち私の敗北です。いつから勝負になったんだ。

カテゴリー: FC(ファミコン), ゲームレビュー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です