【ファイナルファンタジー2】FC

  容赦無く味方が死にまくり、味方同士で潰しあって強くなっていくゲーム。或る人いわくマゾゲー。瀕死狙いを失敗して味方に止めを刺してしまうのは通過儀礼。
  半年くらい費やして熟練度最高まで上げまくってやったのに、コマンドキャンセルの裏技で友達に二日でまくられたのは、いい思い出をブッちぎってあしたのジョー状態。燃え尽きて灰になりました。まっちろ。
  皇帝をブレイクで瞬殺出来てしまうのは、画期的を通り越していると思いました。
  よくよく考えると、ロマ・サガのサルーインも石化で葬れたし、更に(サガだけに)遡ると魔界塔士Sagaでもラスボスはチェーソーで葬れましたな。最早、スクウェアの御家芸と言えるでしょう。クソッ!オレハマジメニタオシタンダゾ!(知らなかったから)

カテゴリー: FC(ファミコン), ゲームレビュー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です