ワイルドアームズ5 ザ フィフスヴァンガード-PS2-

 ストーリーは良くまとまっています。シナリオの出来はワイルドアームズ1,2に匹敵すると思う。でもワイルドアームズを通しで遊んでいないと本当には楽しめないかも。私の判断としてはシリーズファン以外は購入は「NO」でしょうね。
そのせいか、評価も真っ二つで楽しいという感想と駄作という感想がバラついています。私はそこそこ楽しめました。

 キャラ的にはペルセフォネの姉さんがグッと来ます。「乳揺れ姉さん」とオレ的命名。てかセクシーすぎです。ハァハァします。アヴリルはストーリに深く絡む(ゲームの面白さにも)ので詳しくは語れませんが「かなり来るゼ?」ある人の表現を借りると「銀河ヤバイ」、レベッカは「( ´_ゝ`)フーン」て感じ。いや俺G短パン嫌いだし。酷いなオイ。

 ゲーム全体の良し悪しで言うと、遊び心というかワイルドアームズシリーズを全作やっている人には嬉しいと思われるパラレルワールド要素がある。要するに前作までの主要キャラがサブイベントなどで総出演というやつです。あくまで二言三言やり取りするだけのミニイベント程度でたいしたものではないですけど。ただこれ、容赦なくシリーズを通してプレイしていない人達は置いてけぼりです。そういう意味で確かに「10周年記念作品」と言える気がします。「ワイルドアームズを今まで遊んでくれてありがとう!これからもよろしく!」みたいな。ならファンディスクで出せばいいのにとか思わないでもないけど。

 最後に問題点を上げるなら「ボーカル曲がクソ」「オープニングは2Dアニメにして欲しかった」

ワイルドアームズ5 ザ フィフスヴァンガード

カテゴリー: PS2(プレイステーション2) パーマリンク