不愉快極まりないタイプのクソゲーでした。(機動戦士ガンダム サイドストーリーズ)

後に語り継がれる、愛されるクソゲーではない。
怒りと怒りと怒りと溜息しかない。

見えていた地雷を好き好んで踏んでいるので、金返せ的な感想は在りませんが、レビューする時の気分でため息が出るとは思わなかった。
怒りも静かにかつ冷静に見限るのを決めたタイプの怒り。振り切れて吹っ切れたよ。

Amazonの評価も予想通りの荒れ模様に。
機動戦士ガンダム サイドストーリーズ

まさか、PS3のガンダム戦記(微妙)や機動戦士ガンダムUC(超ストレス-DLC体験版)をこれほど下回ってくるとは。

今のところ、ブルディスティニーとミッシングリンクとコロ落ちを全編クリア。
たぶんブルーディスティニーが一番マシだった気がするので。
おそらく終始この後は右肩下がりの気分を味わうのだろうか。

いやもういっそここですっぱり止めてショップに中古で売ってしまおうかな。。。
木偶の棒をあと3本もクリアするのは拷問すぎる。

 

カテゴリー: PS3(プレイステーション3), ゲームレビュー パーマリンク